ヘルニア

椎間板ヘルニアになる原因と手軽にできる予防法

椎間板ヘルニアになる原因で多いのは、日常の動作と椎間板や骨の老化です。日常の動作や運動等で腰に大きな負担をかけると、椎間板が飛び出す原因となり、周辺の神経等を圧迫していくことになります。老化によって椎間板や骨が弱った時にも、同じような状態になる可能性があります。どちらの場合も、一気に椎間板がずれてしまうのではなく、何度も負担をかけることによって、徐々にずれやすい状態へと変わっていきます。

そんな椎間板ヘルニアに悩まされたくないのであれば、予防対策をしておくことがおすすめです。老化というのは、止めることが難しいものですが、日常生活の問題は努力によって改善していくことができます。例えば、重たい物を持ち上げる必要がある時は、腰の力で持ち上げようとするのではなく、体全体を使って持ち上げるようにすれば、腰の負担を軽減することができます。立ったり座ったり、歩いたりする日常の動作でも、猫背に鳴らないように、正しい姿勢を心がけることが大切です。

こうしたちょっとした心がけを続けていくことによって、椎間板ヘルニアになる可能性を減らしていくことができます。それでも、椎間板ヘルニアになってしまった時は、少しでも早く治療を始めることが大切です。

オススメの情報

最新記事一覧

SITE MAP