ヘルニア

椎間板ヘルニアになった場合の対応

ある日突然腰がグキッときてそのまま立てなくなる。立とうとしたら激しい痛みを伴い、到底立てるどころじゃなくなる。
こういう経験をしたことはないでしょうか?
それはおそらく椎間板ヘルニアです。
ぎっくり腰と似たような面があります。
ぎっくり腰にしろヘルニアにしろ一度それを味わってしまうと、後々響いてきます。
ささいなことで腰に違和感を感じることがあります。
例えば大きいクシャミをしただけで腰がギクッとくるとか。
たかがクシャミと思うかもしれませんが、一度ヘルニアを味わった人にとっては、腰に結構大きなダメージを喰らいます。
特に背筋を伸ばした状態でのクシャミは危険です。
一度ヘルニアかかった人は、クシャミをする際に腰を丸めるとダメージがある程度和らげることができるかと思います。
また、スポーツ好きな人は、激しい運動をするかと思います。
しかし、ヘルニア持ちにとって激しい運動は危険です。
なので、体をならすための準備運動は非常に大切になります。
あのちょっとしたストレッチが体に耐性をつけ、激しい運動を相手にしても違和感を感じなくなる、そういうことだと思います。
ヘルニアになって日が浅いという人はくれぐれも用心しましょう。

オススメの情報

最新記事一覧

SITE MAP