ヘルニア

椎間板ヘルニアと肥満の関係

椎間板ヘルニアを発症した為、ひどい腰痛で悩んでいる人も多いでしょう。激しい腰痛を発症する椎間板ヘルニアは、腰椎への負担が大きいことが原因となります。

それまで重たいものを持つ仕事を長年続けてきたという人にも発症しやすいようです。また、肥満の体型の人はどうしてもその体重の負荷によって、腰椎を圧迫してしまい、それが椎間板ヘルニアを招いてしまうとも言われています。

肥満の人は、常に自分の体重を支えている状態です。人よりもずっと重たい負荷が腰椎や椎間板にかかっているのです。若い頃はそれでも何の症状を感じなかったかもしれません。しかし、加齢が加わることで身体の骨や筋力なども衰え、椎間板から髄核が飛び出してしまい、神経を圧迫して激しい痛みが起こってしまうのです。

また、肥満になるとお腹がポッコリと出てきますが、これもよくありません。これによって姿勢が常に反るようなかたちになってしまい、更に腰への負担を大きくしてしまうのです。これではどんどん痛みを激しくしていくことになります。少しでも腰への負担を軽くする為にも、体重を落とすことが何よりも必要になってくるでしょう。肥満を指摘されている人は将来のことも考え、今のうちに減量を検討することをおすすめします。

オススメの情報

最新記事一覧

SITE MAP