ヘルニア

椎間板ヘルニアの主な症状とは何か

椎間板ヘルニアになった場合は、実際にどのような自覚症状があるのでしょうか。主な症状についてみていきましょう。

まずは腰の痛みです。これは椎間板ヘルニアの人のほとんどにみられる症状のようです。痛みの程度は人によっても違ってきますが、初期の頃から感じ始め進行するにつれてだんだん激しくなっていくようです。長時間椅子に座っていられなかったり、座っている状態から立つのが苦痛に感じます。前傾姿勢をすると、特に腰に痛みを感じることが多いようです。ひどくなると、短時間でも座っているのがしんどく感じてくるので、生活にも支障をきたすレベルになってくるでしょう。

また、お尻からふとももにかけて、ふくらはぎなどの下肢にしびれや痛みを感じるようになってきます。しびれなどは通常感じることはないので、違和感があれば疑った方がいいでしょう。また、運動機能も徐々に低下してくるので、ふらつきや腰を重たく感じるようなこともあるでしょう。足を触ってもその感覚が鈍かったりしびれたりする場合などは、典型的な椎間板ヘルニアの症状と思っていいかもしれません。

このように、これまでとちょっと身体の具合が違ってきたなと感じたら、念のため病院で診てもらった方がいいでしょう。

オススメの情報

最新記事一覧

SITE MAP